ことなみ

に梦があるのではなく、梦が人生をつくるのです

バリ岛の最も美しいお寺は、海の岩の上に位置して、潮の干満の时に孤島になって、干潮してからようやく祭礼をすることができます

インドネシアバリ島は、東南アジアで最も人気のある海島旅行先として、発達した熱帯植生、壮観な山海風景と独特の人文底、「神の島」、「悪魔の島」、「ロマンス島」を有している。「麗の島」、「天国の島」、「幻の島」、「花の島」など多くの異称があり、世界で最高の観光島々を何度も評価されました。

バリ島の観光地は多くて、海神廟は島の佐賀から東京航空券シンボル式の観光地で、各種の宣伝資料でよくその紹介を見ることができます。海神廟はバリ島の南西に位置して、デンバサ中心町から約20キロで、有名な「小資」城区の水明砂浜に近い。

海神廟は「Tanah Lot」、インドネシア語は「海の陸地」という意味で、海の水が長い間流れてきたオフショアの岩の上にあり、海水が満ちれば満ち潮の通路は水没し、海の神殿は孤島となっている。干潮後になってから寺の参詣に入ることができるそのため、現地の民衆はほとんど午後あるいは夕方にここへ巡礼に来ました。

バリ島はインドネシアで唯一ヒンズー教を信奉する地域で、 16 世紀に建てられた海神社は島のヒンズー教の古い伝承であり、バリ島西南海岸の宗教寺宇群の核心であり、海神社と恋人の崖のウルヴァントワル神殿など他の 6 つの寺宇が一体になっている。 先祖代々のバリ島民を庇護しているため、毎日何万人もの地元の人が参拝してきた。

この寺の歴史をさかのぼってみると、15世紀に東ジャワの聖職者によって建てられ、バリ島南部を観光していたとき、海岸に岩が輝いているのを見たと伝えられています。後になって地元の民衆に岩の上にこの寺を建つよう呼びかけたのが海神廟の由来である

これから何世紀に渡って、海神社はバリ神話上海から名古屋航空券の一部になった。 また、海神社を建てた时、大风浪に遭遇したことがあり、危険な时には、聖職者が身につけたベルトを海に落として、ベルトが瞬間的に大きな海蛇になってお寺を保護して風の波に影響されず、それによって災いを解消するという伝説もある。

地元の宗教風習によると、島のインド人信者だけが海神社の巡礼に入ることができ、他の人たちはこの岩に登るのを一律に断った。 しかし、海神社の下の石洞の中で、観光客は同じく聖水の洗礼を受け、聖職者から祝福を受けることができ、聖職者はそれぞれの人の額の中に数粒の生米をつけて、滑らかな安康を意味し、人生は順調である。

バリ岛の重要な寺院の一つとして、海神社も岛で日没を楽しむための绝景な场所である。 ここにバリ岛が最も美しい夕日の奇观、驻足の岸辺、夕日が海の日を黄金色に染めて、天上の浮云が幻になって、金色の霞の光は周囲のすべてをカバーして、今の景色は酔っ払っているが、时の心境は静かだった。 バリ岛は宗教のために海神社に来たのが多いが、観光客は日没のための宴に招かれた。

日没の時の海の神殿は観賞の絶好の時で、黄色の日の入りの下で、波が激しい波が海岸を打って、千重々の波を巻き起こして、景色が壮観です。暗くなってきたにもかかわらず、最後に霞の光の下にある海の美しさは、絵のように美しい。