ことなみ

に梦があるのではなく、梦が人生をつくるのです

ローマに行く攻略はここにあります。主な観光地はすべてリストされています。コレクションは後から使うことをお勧めします!

ずっと前に決めたヨーロッパの旅はついに9月の初めに出発しました。旅行の攻略、旅行中に踏んだ穴、ローマの買い物の攻略など、書きたいことが多すぎて、私は3日から5日の時間をかけて完成する必要があります。ヨーロッパの日程は次のように行った:ローマ-マルタ-ウィーン-ローマ、第一段階はローマに2日半滞在したが、この旅行記は私がローマの初日に6時間をかけてすべての行くべき観光地を旅行したことを意味する。

主な観光スポットを紹介しましょう。

スペイン階段広場

朝6時半頃に到着したのは、私たちが貸し切りをしていて、前の晩佐賀空港から成田空港に大雨が降って6時に床が乾いていない階段も濡れているような気がして、座って写真を撮ることができませんでした。当日の午後4時過ぎにスペインの階段に戻ってきて、あの人は多い人が多い。この観光スポットは地下鉄に乗ってスペイン広場駅に降りるだけでいいです。スペインの階段はちょうど1つです。ヘボンはそこで手を洗ったり、トイレに入って仙気をつけたりすることができます。料金:無料です。

トレヴィの噴水(少女の願いの池)

スペインの階段をまっすぐに歩いていくと、裏に出ると水音が聞こえます。この観光地では、私の仲間が思ったよりずっと大きいと言っていました。多くの外国人の美女が噴水の端に座って写真を撮って、その辺は本当に濡れて、彼女達も座っていくのです。この観光地は美人が多いので、仲間と写真を撮って行ってしまいました。私がローマに行ったのは今回が二度目だったからです。最初に少女の願いの池でコインを投げたことがあります。願いの方法は右手がコインを持って噴水を背負って左の肩の上から噴水を投げて、“心”からの願いを意味して、3つをかけることができて、1つはローマに戻ってくることでなければなりません。費用:無料です。

神殿

直接に噴水から歩いて、 10-15 分をかけてあなたが歩いているのを見て、早く不快になって、この観光地は次の本当の感動を得て、人は石柱の下で極端に小さくて、最も主に行っていた早く人がいないので、小さい仲間成田から鹿児島は噴水の上の 1 つの吐水の白目の彫像に半日 (悪趣味) を撮った。 この名所は私はローマの休日の音楽でセグメントビデオを撮った。 費用: 外観は課金されません。

ナヴォーナ広場

この広场は実は超美で、噴水があり、石柱もきれいな建築があり、しかも大、ただ名がそんなに大きいのではない。 その日の朝、床に露があって、広场の上に水塘がありました。一人一人の人が水たまりに狂うように私たちも行ってみました。 料金: 料金は課金されません。

聖天使橋聖使堡

ローマの休日」ではヘボンがディナー会に行ったところが聖天使の橋の下にあり、最近では梁朝偉と呉凡の映画「ヨーロッパ攻略」もこの橋で撮影されています。橋の両側の彫刻はすべて異なった意味がある.費用:聖天使橋は無料です。

古代ローマの闘獣界

競技場に入って階段に上がると、あらゆる角度から撮影が可能で、コロナの中に長く滞在することができます。大きさが大きいからです。この写真は今回のスケジュールで一番すごい作品だと思います。階段を下りていくときに、窓の影を見ると効果があったと思いますが、見ていると、窓の外は闘獣の場の風景です。そして、闘獣場を出て、高い壁が競技場の外観を撮影できるようになりました。壁に登って撮影しますので、安全に注意してください。料金:ローマパスは190元を買って、無料で闘獣場に入ります。

真理の口

朝ごはんを食べて真理の口に来て、入り口に並んでいる感じはまだ長いですが、実はよかったです。一人当たり約10数秒の写真を撮って、撮影したら教会に入ります(腕を露出しないように注意して、チョッキを着て服を羽織るように注意してください)。わざヘップバーンの角度をまねて写真を撮ったが、これも大満足だった。費用:真理の口で写真を撮る前にお金を寄付する箱があるから、自分の気持ちをよく見せてください。

まとめ:ローマの観光地攻略プレートをご紹介します。遊びに行くなら足で攻略して出発すべきだと思います。そうでないと、特に踏み込みやすいと思います!みなさん,国慶節はもう終わりましたか